歌詞

やさしさを考えてみる

チュール

作詞
酒井由里絵
作曲
酒井由里絵

何もかも嫌になった 部屋は散らかるし 肌は荒れるし

なんか、だらしない人みたいだ

何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら

きっと綺麗でいられるんだろうに


未熟な私は片付けられなくて

自分のことすら上手く守れない

もっと優しい言葉あったのかもしれない

こんな生き方を誰か正しいと言って


誰だって下を向いて 冴えない気持ちを

苦しいものを 一つも言えずに黙っているのに

誰一人叫ぶなって言われたとしても 私は叫ぶの

そんなところがいけないんだろうね


子供な私は大人になれなくて

自分のことすらまだ解ってない

ずっと大事な人を泣かせたかもしれない

こんな生き方を誰か欲しいと言って


何もかも嫌になった 部屋は散らかるし 肌は荒れるし

なんか、だらしない人みたいだ

何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら

きっと綺麗でいられるんだろうに


未熟な私は片付けられなくて

自分のことすら上手く守れない

もっと優しい言葉あったのかもしれない

こんな生き方を誰か正しいと言って


まだ上手に生きられない

素直にもなれない、可愛げもない。

これが私だけど…


何もかも好きになって 人を許せたら 強くなれたら…

いつか綺麗になれるように


未熟な私は片付けられなくて

自分のことすら上手く守れない

でも傷付いたことが良かったと言えるのは

こんな私にも守りたいものがあるから


いつもあなたのことを ずっと優しさで包んで

どうかあなたがいつも ずっと優しく包まれて

提供: うたまっぷ