歌詞

日々のあぶく

フラワーカンパニーズ

作詞
鈴木圭介
作曲
鈴木圭介

毛細血管がぶちぶちと 音をたてながら

1本 2本 3本 4本と 切れていくように


今まであった出来事が 確かにあった出来事が

あぶくのように毎日少しずつ 弾け飛んでゆく


もしも記憶のバケツが いっぱいになってるんなら

これから起こる新しい出来事から 消して欲しい


未来とか可能性とか そんなあやふやなものより

今まであった出来事を ひとつ残らず 忘れずに


愛していたい 自分の周りぐらい

愛してみたい 出来る限り 出来る限り


人間なんて生き物は 誰でも年を重ねると

今まであった出来事を 自然に美化しようとする


ぶざまでみじめで本当にどうしようもない日々を

かなり大げさにドラマチックに話を塗り変えて


脳ミソが勝手に 無駄な記憶と判断したもの

ほんの些細なくだらない事 パッとしない景色


全て忘れてしまったら なかった事と同じだな

そんなのあんまりすぎないか そんなの寂しすぎないか


愛していたい 自分の周りぐらい

愛してみたい 出来る限り 出来る限り 本音だよ


愛していたい 自分の周りぐらい

愛してみたい 出来る限り 出来る限り


真夏の光線 冬の頬っぺた 風邪の日の夢 踏切の音

君の肌 子供の声 犬の匂い ドブ川に浮かんだコーヒーの缶

初めて嘘をついた日の夜 初めて感じた憂鬱

中途半端な別れ際 校舎の影 自転車のサビ

返し忘れた図書館の本 言い出せなかった言葉

涙のすじとロックンロール 真夜中 空 永遠の感触


忘れるな 忘れるな 忘れるな 忘れるな 忘れない

提供: うたまっぷ