歌詞

アイムアヒーロー

LONELY↑D

作詞
カタオカセブン
作曲
カタオカセブン

僕らの七日間戦争の果て

新しいはずの夜明けを待った

けれど 街も太陽も変哲の無い顔をしていて

時代が僕らを無視しているようだ


1.2.3とカウント数える様に年を重ね

誰かのせいにするのは止めた


もう一度描こう 人が人の為のヴィジョンを

さぁ コンプレックスさえ武器の等身大のヒーローは僕ら


平気なフリが得意な君と

見て見ないフリが上手い君

アンバランスなバランス 気付いているだろう君だって

オカシイと言えない事が可笑しい


君というバックには何が入っている?

本当に大切なモノっていくつある?

夜になって独りぼっち感じたとしても

大丈夫、僕がついている


もうナイフは要らない 弱さと引き換えなくていい

カーテンを開けるように再生は出来るんだ 人も世界も簡単に


僕が君を呼ぶ声が聞こえたら

僕が僕らになってヒーローがまた1人生まれていく

提供: うたまっぷ