歌詞

キモチとキモチ

OKAMOTO'S

作詞
オカモトショウ
作曲
オカモトショウ/オカモトコウキ

夕暮れの思い出 茜色 俺ひとり 照りつける

そわそわと頬を撫でてる風に苛立ち覚えて ちっぽけで消えそうで


ヘッドフォンをつけて でかい音で聴いてたまぼろし

落ち込む仕草も 追い越して


線路沿いを15分 君の居場所まで急いで

心に触れた丘の上 オレの特等席

繋いだ手と手が 離れてくbye bye bye bye

繋いだ手と手が 離れてく


胸の中 残ってた 悪いのは君じゃない

悔しさを全部拳に閉じ込めて握りしめ 罪のない壁殴りつけて


ズキズキと痛む オレの手だけが本物なんだ

他のモノなんて ここにあるだけ


寂しくないって強がってみたって

なんだか、今、とても 一人きり


線路沿いを15分 君の居場所まで急いで

心に触れた丘の上 オレの特等席

思い出に照らされた オレの影遠くまで伸びて

君の居場所を探してる どこだ? 追いかけて


君に会いに行く・・・

提供: うたまっぷ