歌詞

雲走る

チャットモンチー

作詞
高橋久美子
作曲
橋本絵莉子

昨日見た夢の続き 強く念じていた

ガラス越し目が合った ほんの一瞬


昨日見た夢の続き 強く念じていた

赤信号 目の前で こんな偶然


まるでタイムスリップしたように 頭がぼんやりして

楽しみにしてた映画なんて もうどうでもいい


制服姿の二人の影 空にぽかんと浮かんだまま

二度と降りてきませんでした 空にぽかんと浮かんだまま


さよならした朝の続き 始まるような気がした

もう一度会いたかったの 本当はずっと


みんな大人になっていくけれど

私は時が止まったように

ずっと何にも変わらない あんたのせいだよ


制服姿の二人の影 空にぽかんと浮かんだまま

二度と降りてきませんでした 空にぽかんと浮かんだまま


キラキラしていたあんたの目

真っ黒に焼けた大きな手

ハンドルをギュッと握りしめて

アクセルを踏みました


おさまりかけていた歓声が 野球ボールのノックの音が

頭の中を響き渡る 野球ボールのノックの音が


制服姿の二人の影 空にぽかんと浮かんだまま

二度と降りてきませんでした 離れる車の上 雲が走る

提供: うたまっぷ