歌詞

素直じゃないね

和田アキ子

作詞
Rio
作曲
Rio

誰よりも近くで 見つめてくれていたのに

いつも知らん振りで すれ違うばかりでした

包んであげたくて そう出来なくて

時は ながれて往くだけ

素直じゃないね オトコもオンナも

素直じゃないね ひとつになれない

こんなに長い夜が落ちているのに

ひとりぼっちじゃ もったいないね


過ぎてゆく時間に 追われてばかりいながら

いつもひとりきりで 生きて来たつもりでした

触れ合う温もりに 気づけないまま

人は ながれて往くもの

素直じゃないね いくつになっても

素直じゃないね やさしくなれない

こんなにキミが ちゃんと見えているのに

ひとりぼっちじゃ さみしすぎるね


知らず泪が 溢れてくるのは

決して悲しいワケじゃないよ きっと

どうやら少し年をとったみたい

いまさらだけど ありがとね

提供: うたまっぷ