歌詞

ポルノグラフィティ

作詞
新藤晴一
作曲
新藤晴一

誰かと分かり合おうなんて 正直 めんどくさい

お互い三歩離れたら 万事がうまくやれる


裸の感情は 剣(つるぎ)のように

気づかぬうちに人を この身を斬りつける


不確かなもので出来てる 煙のような自分自身

消えてしまわないように 孤独を気取って嘆いている

嫌っている 逃げているところだ


重たいドアを押し開けて 覗き込んだ世界に

飛び込んだところで悪意に 貫かれるかもしれない


人が笑い顔を覚えたのは

近づかれた時の 警告なんだろう


揺るぎないものなんてまだ どこかで見つけられるのか

それを手にいれた時には 誰も傷つけず 手を取り合って

繋がれるのか それも幻か


裸の感情を 丸め込めば

胸の奥深くに 隠せればいいけど


たちの悪い夢の中で どこかの高いところから

落ち続けているみたいだ 地面を恐れて 覚めない世界


不確かなもので出来てる 煙のような自分自身

消えてしまわないように 孤独を気取って嘆いている

嫌っている 逃げているところだ

提供: うたまっぷ