歌詞

彼女は買い物の帰り道

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

彼女は買い物の帰り道

誰かを思ってふと立ち止まり

真っ白に流れる浮き雲に

目の前を過ぎてゆく

小さな頃の思い出たちと

今を生きてく自分の姿重ねる

「でも私は誰かを愛してる」


投げやりな時間だけが過ぎる日は

目を閉じて心に話しかける

「私は何か間違ってるの?」

鮮やかな夕暮れに

たったひとつの願いをかける

「明日を誰かのために生きられるように」

きっと彼女は今を祈るのさ


毎日毎日心ぎりぎりミステリー

毎日毎日揺れてる心でイッツオーライ


「泣かない私は幻の中でまどろむlittle girl

負けない心で立ち上がる…」


街はいつか夕暮れと心のシンフォニー

揺れる胸の奥の面影たちと

今を生きてく自分の姿重ねる

「でも私は誰かを愛してる 愛してる」

提供: うたまっぷ