歌詞

"飲んだくれジョニー"を探して

寺岡呼人&Golden Circle of Friends

作詞
寺岡呼人
作曲
寺岡呼人

少年は毎晩夢を見ていた 飲んだくれジョニーと歌う夢を

彼女の為にブルースを歌うジョニーと一緒に

スポット浴びて ブルースを歌う事を


田舎の町のそのまた田舎 レコード屋もライブハウスもない

でも彼はカセットが擦り切れるまでジョニーの歌を

毎晩毎晩聴いていたのさ


14歳の時 近くの町へ 初めてジョニーがやってきた

少年は毎日毎日 チケットを眺めて その日が来るのを待ちわびていた

大きな歓声 耳をつんざく ギターの音で ジョニーは舞台へ現れた


高校を出てすぐ都会へと向かい あてもなくただギターを弾いてた

金などなく 女もいない あるのは僅かな

情熱と夢 だけだった


やがて彼もバンドを組んで ステージに立つ仕事にありついた

ツアーに出て 歌を歌い ただがむしゃらに

毎晩毎晩働いた


そして月日は流れ少年はジョニーと 同じステージの上に立つことになった

25年かけて願い続けた あの夢が

今やっと叶おうとしてる


飲んだくれジョニーは あの頃のまま 少年とブルースをシャウトした

そして何度も何度も ステージの上で優しく少年を見つめていた

いつの間にか少年は 涙を流し うわずった声でブルースを歌ってた


へたくそな歌でブルースを歌ってた

ブルースを ブルースを ブルースを歌ってた

提供: うたまっぷ