歌詞

雷鳴が鳴く頃

KOTOKO

作詞
KOTOKO
作曲
KOTOKO

雨上がり土の小道

しっとり靴底を包んでゆく

人影もまばら 日曜の公園

大きなポプラを見つけたよ


遠くで笑いあう声

遊ぶ子犬の弾む息

ずっと歩いて来た老夫婦の背中

誰も居ないジャングルジム

誰かが付けた小鳥の巣

誰かのこと思う私


全てはここにあって静かに息をする

高く伸びたポプラのように

雷鳴が鳴く頃 ふとつぶやいた

こんな幸せもありかな…


軒下の小さな世界

そこで懸命に生きるシュウメイギク

細い体で風とダンスを踊る

意地らしい彼女になりたかった


耳を突いた争う声

床に撒いた孤独の屑

見ないふりをしてた残酷な記憶も

恥ながらついた嘘も

情けない告白も今

私の身体(からだ)が吸った雨


全部忘れたさ…なんて 強がってばっかだって

空が呆れて笑ってる

気紛れな雨粒 頬を冷やすから

君が恋しくなった


木の下で丸くなって飽きるほど見上げていた

そうか私、ずっと疲れていたのかな…。

ベンチから見渡せる小さな部屋に帰るまでの

30分小旅行


全てはここにあって静かに息をする

高く伸びたポプラのように

雷鳴が鳴く頃 ふとつぶやいた

こんな幸せもありかな・・・


深呼吸して そっと見上げた

今日も変わらず高い空

一人きりの散歩道


もうそろそろ家へ帰ろう……

提供: うたまっぷ