歌詞

日触

小林太郎

作詞
小林太郎
作曲
小林太郎

言葉よりも何よりも大事な心を汚し続けた

今まで何人分の嘘を吐いただろう

光り輝いて目を眩ませる太陽の中に一つ

唯一つだけ答えがあるような気がしてる


もっともっとありふれた光の中で

眠り続けられたら 忘れていくのかな

昨日も今日も 神様の居ない世界で

上辺を撫で回しながらどこまで行けるかな


晴れたままじゃ渇いてしまうよ

僕らは壊れやすくできている

いつものように声を聞かせて

優しいその手で僕に触れて


いつかきっと涙も笑顔も忘れて

うわべだけの世界で 歩いていくのかな

昨日も今日も 神様の居ない世界で

1人も守れやしないで

もっともっと綺麗な翼で世界を

色あざやかに染めて 君と二人で

提供: うたまっぷ