歌詞

秋恋

Skoop On Somebody

作詞
新堂冬樹
作曲
清水昭男

アルバムの中の 君はいつも微笑み

涙なんて知らない とでもいうような顔で

私のどこが好き はにかみ 伏せた睫毛が

まるで昨日のように 僕の胸かきむしる


夏の夜(よ)に 空咲く花火ふたり見上げ

永遠(とわ)を誓ったはずなのに


秋色に染まる 銀杏並木にひとり

思い出のページが 色褪せぬように

若すぎた僕を どんなに懺悔しても

もう戻れない 傷つき過ぎた君

氷の瞳せつなくて


寝返りを打てば いつでも君はそこにいて

無邪気な寝顔に そっと唇つけた


春の朝 高原の径(こみち) 影を重ね

愛を深めたはずなのに


許されるのなら 君を取り戻したい

たとえ世界中の人 敵に回しても

必ず守るよ この命尽き果てても

凍える心 時の流れの中

埋もれてしまわぬように


もし君が大空を舞いたいと願うなら

風を切る翼として 僕は生きよう


秋色に染まる 銀杏並木にひとり

思い出のページが 色褪せぬように

許されるのなら 君を取り戻したい

たとえ世界中の人 敵に回しても


生まれる前から 寄り添う運命(さだめ)の女性(ひと)

秋の夜空に幾千の星達 僕は君を見つけよう

提供: うたまっぷ