歌詞

ビニール傘

ひいらぎ

作詞
恵梨香
作曲
恵梨香

今でも大切にしているこの透明なビニール傘は コンビニに売っている普通の傘だけど

初めて2人で遊んだ帰り急に降りだして買いに走った あいにくか好都合か1つしかなかったんだ


肩寄せてさした小さな小さな傘 内緒にしてたけど僕の方は濡れていた

それでも嬉しかった君との距離が縮まって 嫌いだった雨の日さえ好きになってしまうほど


雨の降る中 透明だった傘は 真っ黒な色に変わる

街の光が雨粒を照らし 星が広がってるみたいだった


急いだ足で駅まで行って切符売り場で君は言ったね 「ここからは大丈夫1人で帰れる」と

渡そうとしたビニール傘を「それじゃあなたが濡れちゃうから」と 僕のポケットに吊るして手を振った


今度いつ会える? また電話してもいい? 言いかけたけれど結局言えなかった

情けない僕に無性に腹が立った いっそのこと雨にぬれて帰ろうと思うほど


雨の降る空 じっと見上げてたら 君からのメールが届いた

「楽しかった♪また遊ぼう☆」単純な僕は 傘を高く高く掲げた


まだ始まったばかりだけど こうして少しずつ

想い出を増やせたらな 君と一緒に


君を想うと 透明だった傘は キレイな緑に変わる

青に変わった信号が雨粒を照らし 四つ葉のクローバーみたいだ

どこにでもあるこのビニール傘も 特別なものに見える

またいつか君と一緒に歩けるかな? 次は手を繋ぎたいな

提供: うたまっぷ