歌詞

Strawberry Waltz

paris match

作詞
ミズノマリ
作曲
杉山洋介

苺のように甘酸っぱい蒼い未来に

君がふと振り向けば遠ざかる街並み


僕の姿 もう君から見えないとしても


瞳をそっと閉じてみて

ほら、すぐに 朱く優しいあの苺のワルツが

君の心の中にほんのり伝わるよ


海の碧さも思い出せないくらいに夜が永くとも

凍える胸に 温もりを


苺のように瑞々しい蒼い君は

淋しげな校庭で誰に恋しているかな


初めての恋にも イチゴのワルツの調べ


やけに冷たく心に降りつけた 時代の変わり目の雨が

やがてその後 君の花を永く咲き誇らせて

ステキな贈り物に変わる


恋の儚さを知る頃に 移り気 気まぐれ

ストロベリーワルツ


君への愛に気づく頃に かすかな 確かな

ストロベリーワルツ

提供: うたまっぷ