歌詞

ささやかな

SUPER BEAVER

作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太

ささやかな満足から 抜け出せなくなってる

扉の向こうから聞こえてくるメロディ

"何かにしがみつきたい" 繰り返し唱えてる

まるで呪文のようだね 苛つく口癖


柔らかな光に触れ 握り締める掌

扉の向こう側 本当は見てみたい

指切りした過去は消え 今此処は何処なの?

切り取られた心が 震えるような感覚


繰り返す自己嫌悪とか そんなのは自己満足

踏み出せない自分を 許すためのものなんです


雨 全て流して ほらまた始めよう

声 渇ききるまで ほらまだ消えないで


自分で築いてた壁 早く壊したいのに

扉押してみても 錆び付いて動かない

時計の針は進んでて 世界は回ってた

今さら何を悔やんで 何を責めるのだろう


現実はそう甘くない 少しだけ怖くなった

踏み出したい自分を 誇らしく思いたくて


今 夢を包んで ほらまた始めよう

声 渇ききるまで ほらまだ消えないで

「音が鳴ってる」


雨 全て流して ほらまた始めよう

声 高鳴る胸が 思い出したあの日の影

今 夢を包んで ほらまた始めよう

声 渇ききるまで ほらまだ消えないで

「未来は見える」

提供: うたまっぷ