歌詞

空の彼方

SUPER BEAVER

作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太

遠く記憶をたどれば 僕が僕を裏切っていたこと

幾つもあって嫌気がさして 笑えなかった

遠い未来へ望んだ夢は 今もまだ夢のままでさ

やり切れなくて 吐いた溜め息は 空の彼方へとすぐ消えた


何度も何度も 弱さを呪うのに

現実に背を向けて やり過ごしてた


僕が僕を許そうとして 嘘と手を繋いだとする

そのうちきっと 過去も未来も失って

今まで君と交わしてきた 言葉まで嘘になっていく

そんな世界は望んでないよ この先も

もうさよならなんだ もうさよならなんだ


昔描いてた自分と 今の僕じゃ他人みたいでさ

記憶なんて曖昧なんだって 誤魔化していたけど


見て見ぬふりしてた 矛盾だらけの僕が

今君の瞳から 溢れ出した


僕が僕を守ろうとして 知らず知らずに離してた手

笑顔の奥の 悲しみさえも気付かずに

守るべきもの見落として 強さまで履き違えるような

そんな自分が 自分でもくだらないよ

もうさよならなんだ もうさよならなんだ


何度も何度も 弱さを呪うのは

守りたい君をまだ 守れないから


例えば過去と未来と今 無理矢理に繋がなくてもいい

作り笑いで回る世界にさよならを


誰もが日々に願い求め 失望しては希望を抱く

例えばきっと それが素晴らしい世界

ほら夜が明けるよ もうさよならなんだ


綺麗な言葉だけじゃない 汚れた手を涙で濡らして

それでも僕は今日も僕だって そんな未来を

提供: うたまっぷ