歌詞

ヒカリ

SUPER BEAVER

作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太

電線の隙間に見つけたんだ

眠らぬ街の灯にだって 埋もれずに光る想いを

君にもまだ見えているだろうか

なんてそんなこと思ってた 深夜4時少しの風景


追い越されては また追い越して

一人きりデッドヒート それぞれのゴールへ


始まりも目的も目指した場所も

時に僕らは見失ってさ 無意味な迷走に空を仰ぐけど

君だけに 僕だけに 瞬いてるヒカリが

そのたびに揺らめいて 此処まで来いよと僕らを呼ぶんだ

広がる闇の奥へ


TVが映し出す日々の影が

あちらこちらに転がってる 手を伸ばせば届く範囲

騙し騙されながらも笑って

少しずつ歪む心 気付かぬふりして走ってる


蹴落とされては また蹴落として

悲しみのデッドヒート 心が漏らす悲鳴


優しさも温もりも手にした愛も

時に僕らは見失ってさ 虚しい迷走に疲れてしまうけど

君だけが 僕だけが 目にしたあのヒカリは

そのたびに揺らめいて 此処まで来いよと僕らを呼ぶんだ

広がる闇の奥で


望む代わりに 賭けるのは覚悟

一人きりデッドヒート それぞれのゴールへ


始まりも目的も目指した場所も

時に僕らは見失ってさ 無意味な迷走に空を仰ぐけど

君だけが 僕だけが 目にしたあのヒカリは

そのたびに揺らめいて 此処まで来いよと僕らを呼ぶんだ

広がる闇の奥へ

提供: うたまっぷ