歌詞

秋桜に書いた恋文

NO DOUBT FLASH

作詞
HIRO/Noa/GIO/TAKE
作曲
headphone-Bulldog

△優しく揺れてる秋桜 貴方はこの場所で遠くを

いつも眺めながら何を考えているのですか? 風の下で

たくさんの笑顔、泣き顔 その横で鳴る草木の声も

全部見えて聞こえていますか? 夏の日が過ぎ去る音も


◇風の吹くまま揺れてるColor 道端に咲いた一輪の花

いつも気付けばそこに貴方が 涼しげに時知らせるただ

伸びるオレンジの夕日が 照らす方向に背を向け浸る 暑い日のこと

貴方の横で思い出す日々 また来ます大事なモノ届けに


▲儚げな花びらは 去りゆく貴方

夕暮れ晩夏の風に飛ぶ

咲いては散りゆく 淡い 薄紅の

愛おしい姿は美しく


◆一重咲きの花 今年はいつもより早く咲いたかな


△心地いい風が熱冷まし 虫の声も一つ一つと去り

また貴方は何も告げずに去り 散りゆく花びらが俺の下に

風と舞う 美しく彼方に残る残像 また来年も逢いたい

そう 必ず必ず またここに来ます 季節は巡りゆく


▲旅立った貴方が残した種(明日)は

私の手の中 強かに

季節は巡って また出会うでしょう

秋桜の揺れるこの場所で


▲芽吹きの春も 光の夏も 眠りの冬も 貴方を想い

空虚の秋なのに 彩る貴方は眩しく

どれほど待てば 時が過ぎれば

貴方はここへ 帰ってくるのかと

ただ立ち尽くす


▲儚げな花びらは 去りゆく貴方

夕暮れ晩夏の風に飛ぶ

小さく咲き誇る 貴方の笑顔は

あの青い空に…


▲旅立った貴方が残した種(明日)は

私の手の中 強かに

季節は巡って また出会うでしょう

秋桜の揺れるこの場所で


▲→Noa

△→HIRO

◆→TAKE

◇→GIO

提供: うたまっぷ