歌詞

泡とサイダー

THE KIDDIE

作詞
揺紗
作曲
ユウダイ

意識だけは水溶性 零れ落ちるサイダー

シュワシュワと煌めく 淡い夏の終わり


朝まで降り続いた 泣き虫を追いやって

ぴちゃぴちゃと騒めく 街は秋を装う


壊れそうで壊れない 緊張が綺麗

透明過ぎる足音と 譲れない瞬間


どれだけ泳いでみても 胸を痛めて

飲み込む術さえ 無くしてしまったから

君にもらったものでさえ 弾けて消えて

冷たい夜空に 無くしてしまうの


今になって気づいた 鳴り止まないサイレン

わんわんと揺らめいて 胸を締め付けるんだ


夜になって降り出した 黒い直線のロンド

悪魔みたいな街灯 寂しそうに笑った


どれだけ泳いでみても 呵責は溢れて

吐き出す術さえ 無くしてしまったから

君にもらったものでさえ 壊れて見えて

冷たい僕らは 離れてしまうの


掴めそうで掴めない 君は泡の様

遠めな嘘に溶けてった あの日の二人まで


君にもらったものでさえ 壊れて見えて

冷たい僕らは 離れてしまったから


どれだけ泳いでみても 胸を痛めて

飲み込む術さえ 無くしてしまったから

君にもらったものでさえ 弾けて消えて

冷たい夜空に 無くしてしまうの


ツラツラ吠エル 弱サニ嘆ク

ツラツラ綴ル 弱サニ嫉ム

提供: うたまっぷ