歌詞

太陽の仕業

THE BACK HORN

作詞
松田晋二
作曲
THE BACK HORN

灼熱の街は猛獣ハンターのパラダイス

感情が暴発する炎天下の交差点

百発百中外さぬテクニックで

散弾銃 照準を 今 あわせ


鉄の檻でできた錆びついたプライド

ズタズタのハートさえも撃ち抜いて

悲しみに塗れて濡れている性感帯

少女の傷を 今 狙え


愛なき世界 痛みよりもやさしい愛撫を


時計の針を戻して永遠を描くけれど

僕らは踏み込めずにただ無情に空は明ける

真夏の夜は幻 儚く揺れる陽炎

胸をきつくきつく締め付けてく

狂暴な欲望を抱えたまま


運命はまるで残酷なゲームのようだ

終わりと始まりを同時に連れてくる

操縦不可能 危険な誘惑に

野生の本能よ 今 叫べ 闇の中で


続く果て無き世界 救われない孤独に光を


心の距離を泳いでいつか辿りつけたなら

その悲しみの訳をきっと見つけられるだろう

そして世界は輝く また胸を焦がしてく

太陽が熱く熱く照らしている

狂暴な欲望を抱えたまま

狂暴な欲望を抱えたまま

狂暴な欲望は太陽の仕業

提供: うたまっぷ