歌詞

海岸線

THE BACK HORN

作詞
菅波栄純
作曲
THE BACK HORN

希望なんて無くても世界はとりあえず美しい

光は滑走路 波の間に間に


鼓動なんて忘れて俺達変わりすぎてゆくけど

笑ったその顔は変わらないから


秋は澄んだ空見上げ 冬の雨濡れて

春の陽に手をのばし巡りくる夏の夜


海岸線をわたる風 俺達を連れてゆけ

創造力の種をまいて鮮やかに咲き誇れ


テトラポット登って手を振る面影が滲んでる

さよなら幸せになっておくれよ


ふわり悲しみを包む一片の祈り

少しずつ一歩ずつ歩いてく これからも


波打ち際に描く夢 この胸に抱きしめる

こみあげてゆくこの想い いつの日か舞い上がれ


長い坂道の途中 陽炎のボレロ

帰れない鳥たちは空見上げ何想う?


海岸線をわたる風 俺達を連れてゆけ

創造力の種をまいて鮮やかに咲き誇れ


波打ち際に描く夢 この胸に抱きしめる

こみあげてゆくこの想い いつの日か舞い上がれ


今は何もかもが信じられずにゆれていても

閉じたそのまぶたを風がそっと撫でるだろう

提供: うたまっぷ