歌詞

雷電

THE BACK HORN

作詞
菅波栄純
作曲
THE BACK HORN

開放の種蒔いてみればパンドラの箱が開く

崩壊の音響きわたり「諸法無我」とブッダは説く

抱擁の夢掲げながら暴走する欲望機械

生命の価値知らぬままに生存可能なユートピアで


心臓の位置忘れかけた 人生(仮)

「平等」こそが格差を生み分裂する 単細胞の

智慧の輪をまきちらして突き進む進化の罠

目には目を歯には歯をとメビウスの輪の中で 今


荒唐無稽なエナジーで存在の歌叫びだせ

境界線を飛び越えて幻想暴く乱気流


雷雲を這ういかずちよ 竜神となり荒れ狂え

縦横無尽に踊りだし電脳社会を嘲笑う

花よ鳥よ風よ月よ 火を噴いた富士の山

花よ鳥よ風よ月よ 陽出ずる国燃えあがれ 今


正体不明なエナジーで限界の壁突き破れ

脳内麻薬火をつけて太陽の道走り出せ


混沌の中生まれいでる最新型の野生児達

衝動と知性併せ持って関係性を再構築

国境を越え方法を問い到達する世界基準

開放崩壊抱擁の果て前人未踏のドア叩け 今


荒唐無稽なエナジーで存在の歌叫びだせ

境界線を飛び越えて幻想暴く乱気流


正体不明なエナジーで限界の壁突き破れ

脳内麻薬火をつけて太陽の道走り出せ

提供: うたまっぷ