歌詞

あの日の詩

HanaH

作詞
HanaH
作曲
HanaH

あの日の詩 紡いだ嘘

この心を焦がした

あの日君が 繋いだ指

夏の匂い覚えてる


カシオペア座を 指でなぞって

誰かの仕草を 思い出していた

波打ち際で 浮かぶ泡の白が

黒い海に混ざるのを ただ眺めていた


唇知るたびに なぜだか心は傷んで

記憶の欠片と 口づけをしているみたいで

悲しい笑顔の君 咲いては枯れてく向日葵

新しい季節は また君を連れて行くの


あの日の詩 紡いだ嘘

この心を焦がした

あの日君が 繋いだ指

夏の匂い覚えてる


空の青さを そのまま着てるような

Tシャツがとても似合っていた


誰かを知るたびに 君を鮮やかに想うよ

そんなに強くないと なんで言えなかったのだろう

悲しい笑顔の君 咲いては枯れてく向日葵

新しい季節は 君をまた連れて行くの?


あの日の詩 紡いだ嘘

この心を焦がした

あの日君が 繋いだ指

夏の匂い覚えてる


どうして離れてしまったのだろう

変わってゆくの 心は

どれだけ求めればやってくるの

まだ覚えているメロディー

提供: うたまっぷ