歌詞

YU-NAGI

SMELLMAN

作詞
SMELLMAN
作曲
ハヤシヨシノリ

夢を見続けたくて 揺れる思いも抱いて

頼りなく伸びる影 足を止めた


溜めた思い溢れて 悲しみだけが残って

止まることを知らない 時の中で


どうしようもない 戻りようもない そんなの分かってるよ

あの頃の僕はまだ 素直に笑えてた


悲しみ抱いた僕らすべて 痛み隠して日々泳ぐDAY

Wow 走って転んで何落とした?

涙落とした空の下で 僕ら歌い続ければね

Wow 信じた未来に近くなる


ここに居続けたくて 明日の希望抱いて

強がる僕の肩に 染まる夕日


塞いだ胸の奥で 悲しみだけが響いて

笑いたい叶えたい 意味を込めた


現実と理想の狭間で 歩いてきたけど

あの頃の僕がいて 今の僕がいる


悲しみ描いた僕らすべて 痛み隠して日々泳ぐDAY

Wow 走って転んで何言おうとした?

光隠した雲の下で 僕ら描き続ければね

Wow 描いた未来に近くなる


余計な荷物はいらない

夕暮れ浮かぶ雲のように ありのままで


光包んだ雲を見上げ 明日を描いて今を泳げ

Wow 走って転んでするしかないの

笑顔くれた君を浮かべ たまに思い出して笑えるDAY

Wow 気づいた僕ら強くなる?

提供: うたまっぷ