Alice Nine 「閃光」
再生

ブラウザーで視聴する

Alice Nine 「閃光」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

Alice Nine 「閃光」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Alice Nine 「閃光」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
Alice Nine 「閃光」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
Alice Nine 「閃光」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

Alice Nine 「閃光」

歌詞

閃光

Alice Nine

作詞
作曲
Alice Nine

さあ 針はゼロを指した

駆け出そう ベッドは無重力

醒めてはくれないね 君の声、サヨナラの残響


擦り減ったレコードが

優しく思い出を奏でた


最後の言葉だから綺麗なんて

霞んだ昨日は涙のせい


When swan sings last song

The time for walk with you, I loved.


目に映るものは やがて

変わるだろう 例外はないね

大切だと気付いてから 失くす事 目を背けてた


心の硝子 まるで

スパンコールの様に煌めいてた


羽根はなくても

何をなくしても

解けてく糸へ

今も焦がれて


When I sings your song

At end of the world, I loved.


舞い落ちた花弁

もう 面影も無いね

悲しい詩 今の景色

忘れないように 頬を撫でた


閃光のように 深い闇抜けて

終わらない夢に 別れを告げる

散りゆく日々も

未完成な詩達も

未来を奏で 地平を越えて


When swan sings last song

The time for walk with you, I loved.

提供: うたまっぷ

関連映像