歌詞

涙の河

島津悦子

作詞
吉岡治
作曲
弦哲也

人は誰でも 身体のなかに

涙の河があるという

ふたりの出会いは 奇蹟でしょうか

涙のうねりに 逆らいながら

たどり着きたい 岸がある


風が枯葉を 水面に散らし

宛なく何処か流れてく

命を燃やした わたしの恋は

しあわせ捜して 迷(ま)い子になった

夜泣きしてます 思い出が


何処にいたって あなたを感じ

できたら〈時〉を戻したい

苦しさせつなさ 命の道を

ふたりで歩けば 陽はまた昇る

夢が生きてる 証です

提供: うたまっぷ