歌詞

ヒカリ

Tiara

作詞
Tiara
作曲
YANAGIMAN

キミを照らす光でいたい

悲しみの向こう 見渡せるように

どんな時も 寄り添っているよ

大切なキミを

守ってあげたいんだ


どうしてそんな顔をしているの?

笑ってるけど泣いて見えるよ

言葉にならないその悲しみを

私に聞かせて


先の見えない長い坂道に

歩き疲れたら

涙が尽きるまで泣けばいい

きっとまた笑顔で

明日へ歩き出せる日が来る


キミを照らす光でいたい

暗闇の中を迷わないように

どんな時も 寄り添っているよ

怖がらなくて良い

夜はいつか明けるから


心傷つき立ち止まったり

信じてたもの失うこともあるけど

きっと誰もが涙隠して

過ごしているんだ


先の見えない遠い明日が

不安になっても

何もかも一人で 背負わないで

その痛みも全部

いつか乗り越えられる日が来る


キミを照らす光でいたい

悲しみの向こう 見渡せるように

どんな時も 寄り添っているよ

信じていてほしい

キミは一人じゃないから


気がつけばいつでも 笑った数よりも

涙の数ばかり数えてしまうけど

当たり前の中に 何気ない毎日に

小さな幸せが 沢山あふれているはず


キミを照らす光でいたい

暗闇の中を迷わないように

どんな時も 寄り添っているよ

怖がらなくて良い

夜はいつか明けるから


いつかキミが光となって

誰かの心を

きっと照らす日が来る...

提供: うたまっぷ