歌詞

End of the season

Team.ねこかん[猫]

作詞
nyanyannya
作曲
sham

肩越しに行く鳥たちはもう気づいたのか?

新しい季節の訪れを感じながら振り返った


髪をなでる風が少しいつもと違って

過ぎ行くこの季節を思い返している


読み返す手紙には 滲んだ文字と

冬の終わりに二人 懐かしい影


指の隙間をすり抜けていく夢は淡く

高く澄んだ空が降りてくるこの頃さえ皮肉めいて


それを語るだけじゃ叶うはずもないことを

わかっているけど君に伝えられなくて


差し伸べた言葉では 君に響かない

冬の終わりに一人 立ち尽くす影


扉隔て聞こえる 君の泣く声

泣いてなんかないって強がるくせに君は


季節は巡り巡り また冬が来る

手に入れた翼では 君は運べない


くれた手紙の最後、書きかけた文字

わかっているけれど 季節は遠く

提供: うたまっぷ