歌詞

少年

Qwai

作詞
Qwai
作曲
Qwai

駆けてく少年の背中は

いつかの僕達を映してた

笑い声と雑音の混じる午後

一人僕は何処へ向かってたんだろう


重ねてきた 夢のカケラひとつ

砕け落ちたらまたひとつ

二度とは戻れない坂の途中

遠回りをした 季節の果てに

僕はもう一度 手を伸ばした


光射す情景 涙のあと 曲がりくねってく坂道

転ばないように 少しだけ大人になる

誰もが同じ空の下を 何かを探して進んでく

遠い夏の僕らサヨナラ


溶けてくため息と耳鳴り

全て夏のせいにしたかったんだろう


目を閉じたのは 泣いたわけじゃなくて

流れてく汗が沁みただけ

二度とは戻らない坂の途中

遠回りをした 季節の先に

僕は確かに 明日を見た


光射す情景 涙のあと 曲がりくねってく坂道

転ばないように 少しだけ大人になる

誰もが同じ空の下を 何かを探して進んでく

遠い夏の僕はサヨナラ

提供: うたまっぷ