歌詞

月光

UNLIMITS

作詞
清水葉子
作曲
清水葉子

月が満ちる頃私は あなたを忘れるでしょう

サヨナラの日は切なすぎたから 同じ絵 描けないでいるの


繋ぐ手と手を固く結びあわせたのに

離ればなれほどけてく 守れなかった約束


悲しみは胸の奥で溢れだして 途方に暮れていた

夜の海泣いているよ 水面を揺らして


月が満ちる頃私は あなたを忘れるでしょう

サヨナラの日は切なすぎたから 思い出 まだ描けないままで


涙枯れる頃私は あなたを忘れるでしょう

淡い光にこの身をまかせて 静かな日々に瞳を閉じるの


淋しさを胸の中に閉じ込めて 微睡みに落ちてく

鮮やかな記憶だけが 心を揺らして


月が欠けてく夜の底 最後の夢を見るの

無邪気なままで笑ってた頃 思い出 まだ残酷なままで


星が照らす道しるべに 最後の夢を見るの

戻れない日々 この身を焦がしてあなたを想い泣くのでしょう


夜を泳ぐ潮風が 涙を乾かして

ひとりぼっち佇んで

朝焼けを待つ


夢から覚めるように

提供: うたまっぷ