歌詞

シャンタン-shantung-

クレイジーケンバンド

作詞
横山剣/菅原愛子
作曲
横山剣/菅原愛子

ひと目惚れ

2度目に電話

3度目に恋に堕ちてた

1-2-3と順調に来たけど

4-5-6が見えないんだ


ひと目逢った時から

良い予感と嫌な予感が

交差して考えちゃって

でも逢いたくて仕方なくて


回を重ねるごとに知られざる表情見せる

最初の印象とは全然違うけど

俺だけが全部知ってる


歳を重ねるごとに冷静になってしまうけど

毎晩の長電話で 今なら素顔見せれる


春夏秋と巡り そして今 Winter Wonderland

心縛るリミッター外せばこんな

見慣れたはずの湾景 見間違うほど

シャンタンの夜 2人だけに訪れるだろう


サムゲタンで温まってそして

凍てつく闇夜に紛れ

つなげない左手は冷たい雪でまた冷えて


回を重ねるごとに厄介な問題勃発するけど

解決するまで向き合うから大丈夫だ ケンチャナヨ


歳を重ねるごとに失敗は繰り返せない

経験ばかりが邪魔して苦しめるんだ


それなら過去も未来さえも忘れてしまえ(忘れよう)

大切なのはこの瞬間なんだぜ(Precious Moment)

見飽きたはずの世界 見間違うほど

シャンタンの夜 疑うより信じ合おう


4の5のと言ってみたが

この人生は1度きり

1か8か賭けるだけの「勝負!」

価値があると思わないか?


ピュアな恋なんて もう無いって覚悟してたけれど

目の前のあなたに恋焦がれてる


春夏秋と巡り そして今 Winter Wonderland

心縛るリミッター 外せばこんな

見慣れたはずの湾景 見間違うほど

シャンタンの夜 2人だけに訪れるだろう

提供: うたまっぷ