歌詞

漢江ツイスト-hangang twist-

クレイジーケンバンド

作詞
横山剣
作曲
横山剣

長者町で君と出逢った

あれからどれぐらい季節は巡った

バンド仕事の休憩時間

角の珈琲ショップでお茶を飲んでた


チマチョゴリ 花咲く夜の

甘い薫りに惑わされて

ライヴがはねたら 息を切らして

君がいそうなあたりを捜した


ジャージ姿の君を見つけたのは

明け方のコンビニだった BABY


幻か 君と過ごした日々よ もう一度

きっと韓国のどこかで君は暮らしているだろう


金浦からバスに揺られて

黄昏れてゆくSEOULの街並

揺れる川面に浮かぶ夕陽を

背にしてツイストを踊った


本当は君と踊りたかった

影だけが土手に伸びてゆく BABY


今 漢江にやるせなく太陽が沈んでく

この韓国のどこかに君はきっといるだろう


梨泰院のハミルトンホテル

ここに泊まろう 今夜はひとりで

どんなイカした女がいたって

俺は君しか眼中にないんだ


この星に生まれて死んでく

人生は儚く脆い BABY


今 漢江にやるせなく太陽が沈んでく

この韓国のどこかに君はきっといるだろう


長者町で君と出逢った

あれからどれくらい季節は巡った

バンド仕事の休憩時間

あの珈琲ショップは潰れていた

提供: うたまっぷ