歌詞

果実は嗤う

NoGoD

作詞
NoGoD
作曲
NoGoD

不自由など無いけど

決して満たされない

ただ繰り返している

色褪せた毎日で


ふと見上げれば菩提樹に

紅い欲望見えた


揺れる果実から漂う香りは

人を惑わし終末へと誘う

罪人の声は届くはずもない

遥か彼方で息絶えている


その実を口にしたら

新しい世界が見えた


徐々に蝕まれていく

体、そして心が


揺れる果実から私を食べてと

声が聞こえる 償うべき定めか

罪押し付けられこの世に生まれた

今の時代に何を求めて


紅く 紅く 菩提樹の木が燃える

これ以上悲しみの種 撒かぬ様にと

決別した過去と炎

また果実は嗤う

提供: うたまっぷ