歌詞

謎の女B

キノコホテル

作詞
平岡精二
作曲
平岡精二

謎の女(B)僕をAとする

AとBがある夜会った暗いある酒場

煙草の煙がたちこめている妖しいムード

BはAとチークダンス踊りながら

耳のそばでこんなことを悩まし気に云った

「今夜どこかへあなたと二人 人知れず 消えましょうよ」


謎の女(B)僕をAとする

Aの胸はドキドキドッキ

あかい唇 くろいアイシャドウ

股の見えるドレスを着て

「それじゃ後で 外で待つぜ きっと来いよ すっぽかすな」

BはAの手を握ってウインク

やがて夜更けの街を二人は 腕を組んで歩いていた


謎の女(B)僕をAとする

AはBの部屋にはいった

大きなベッド ピンクのカーテン

そして男の上着があった

「さては誰か男がいる」これを仮に(C)とする

CはBの恋人かも知れない?

Aはおもった「オッ!こいつァヤバイぞ」

そこでAは逃げてかえった

・・・・・おしまい

提供: うたまっぷ