歌詞

134

角松敏生

作詞
TOSHIKI KADOMATSU
作曲
TOSHIKI KADOMATSU

交わる空の色鮮やかに

駆け抜けてゆく

窓に照りつける太陽の欠片

沈む僅かな時

始まる夜のときめきを連れて

残り陽さえも彼方消えてゆく

瞬く間に変わる幻のように


海鳴りが聞こえた 耳を澄ませ

不思議な輝きを

そっと心に忍ばせたら

あの詩も聴こえてくるだろう きっと


宵の光が灯りだしたら

あなたのことを思い出していた

気がつけばどこか遠く届かぬこと

海づたいの道を辿ればそこには

夏の出来事 甦る全て

偶然のように出逢えるのならば


波しぶきが見えた 瞳閉じて

記憶の移ろいを

ただの想い出にしなければ

あの日々は今もそこにあるだろう


瞬く間に変わる幻のように


海鳴りが聞こえた 耳を澄ませ

不思議な輝きを

そっと心に忍ばせたら

あの詩も聴こえてくるだろう きっと

提供: うたまっぷ