歌詞

リプレイ

Plastic Tree

作詞
有村竜太朗
作曲
有村竜太朗

最終便の観覧車―――――――。

君と僕が夜に浮かんでく。

星空とパノラマの街の光と光の真ん中らへん。

右手の中にある温もりは、いつか違う人を照らすでしょう。

リズムが早くなりだす鼓動。君の名を叫ぶ心臓です。


約束交わさずに、いつかまた逢えるなんてどんな魔法だろ?

ごめん、ありがとう、さようなら、言いたくない言葉しか出なそう。

気が遠くなるほどの未来で、心が重くってうずくまる。

永遠によく似た10分間。その度、思うんだろう。


廻る、廻る、二人がほら夜に光探す。

恋しい、愛しい、想うゆえに胸がひどく苦しい。


真夜中、止まった観覧車―――――――。

忘れ物を取りに来たんだよ。

瞬間接着剤の涙。開いた傷だってくっつけた。

あー、そうでした。俺、こんなでした。君と会う前、自分嫌いでした。

だから胸のいちばん奥で君の名を呼ぶんだよ。


廻る、廻る、心がまだ夜に闇に君を探す。

恋しい、愛しい、知らない間に消えてしまう光。


確かなものなんていらないや。涙で悲しみを抜く。

大丈夫。それでも僕だった。

何もない右の掌で、残ってる温もりが騒いだって。


まぶた閉じた。記憶墜ちた。星が瞬く隙に歌う。

100年分の鼓動のせて響く、声が届く。


巡る、巡る、君を想う。ひとつ、ひとつ、忘れながら。

廻る、廻る、あの日のまま二人、夜に浮かぶ。


あ、また同じとこ。戻ってきたら朝だよ。

赤。青。夢。嘘。色付く空。

帰宅。始発。陽射し。窓。きらめく世界流れた。

もう手を振らなきゃ、

サヨナラだよ―――――――。

提供: うたまっぷ