歌詞

原動力

音速ライン

作詞
藤井敬之
作曲
藤井敬之

遠くの方で揺れている

僕らが描く残像に

夏が終わりを告げたのは

きっと君のせいだった

二人ぶらりと街の方へ

小さな君と手の鳴る方へ

炭酸水と淡い空と

解り合えてたあの頃と


いつか・・・

ずっと先の未来まで

君と笑っていれるかな?

期待と夢の欠片まで

笑い飛ばせる原動力を

ずっと君といれる様に

僕には何ができるかな?

今を越えていけるように

君と二人でいれるように


空と君と宇宙と

涙色の夕暮れと

遠くまで続く街並みに

君の声が途切れてた


いつか・・・

ずっと先の未来まで

君と笑っていれるかな?

期待と夢の欠片まで

笑い飛ばせる原動力を

ずっと君といれる様に

僕には何ができるかな?

今を越えていけるように

君と二人でいれるように


ずっと君と遠くまで

ずっと笑っていれるなら

時代と夢の欠片まで

笑い飛ばせる原動力を

ずっと君とのさよならと

まだ見ぬ明日を探すなら

踏み出した夜を駆け抜けて

描き出す僕の原動力を


離さないでよ


変わらないでよ


繋いで手を


焼き付けてよ・・・


原動力を

提供: うたまっぷ