歌詞

無題

RYTHEM

作詞
新津由衣
作曲
新津由衣

いつか聞いたことがある

命の終わりの吐息を

私は触れたことがある

あなたの優しさに


どんなに笑顔でいても

本当の心が満たされなきゃ 意味がない

どんなに隣にいても

あらゆる気持ちが生まれでなきゃ 意味がない


突然の雨 音を立てて かきまわしたら夏の終わり


会いたい 会えない

動かぬ体 心が悲しいと言っているの

今だけ 今だけ

星になれれば

素直な優しさ思い出すかな?


どんなに進めなくても

本当の自分がここにいれば それでいい

どんなに孤独でいても

いろんな気持ちを感じてれば それでいい


静寂の中 息をきらし 切り開いたら見知らぬ場所


「愛して 愛して」

森の奥底 誰もが気付かぬまま 死んでゆくの

今だけ 今だけ

あなたのために 咲いてる花がここに1つある


会いたい 会えない

動かぬ体 心が悲しいと言っているの

今だけ 今だけ

星になれれば

素直な優しさ思い出すかな

提供: うたまっぷ