歌詞

星標(ほししるべ)

谷村新司

作詞
谷村新司
作曲
谷村新司

星達はめぐりて まわる運命(さだめ)の中

永遠(とわ)に変らぬもの それを標(しるべ)と呼ぶ

幾億の時空(とき)を超えて

星がつたえること

人はなぜに空見上げ

心 ふるえるのか


嗚呼 影は響き

光は声になり

うたがうまれる時

命は黄泉(よみ)がえる


古丹(こたん)の笛の声(ね)は 土がめざめる時

かがり火は朱々(あかあか) 水の命をさそう

幾億の風が運び

いのち生かされてる

人はなぜに空見上げ

涙 流れるのか


嗚呼 影は響き

光は声になり

うたがうまれる時

命は黄泉(よみ)がえる


嗚呼 影は響き

光は声になり

うたがうまれる時

命は黄泉(よみ)がえる

うたがうまれる時

煌く星標(ほししるべ)

提供: うたまっぷ