歌詞

足摺岬

春日八郎

作詞
高橋掬太郎
作曲
吉田矢健治

つらい別れも 男であれば

涙見せずに 行く俺だ

土佐の高知の あの娘(こ)の声が

呼んで 呼んでいるよな 足摺岬


思い残せば 港もかすむ

揺れるマストに 風が鳴る

胸に形見の かんざし抱いて

つきぬ つきぬなごりの 足摺岬


鯨潮吹く 潮路をはるか

涙こらえて 行く俺だ

恋も情も また逢う日まで

捨てにゃ 捨てにゃならない 足摺岬

提供: うたまっぷ