歌詞

海猫の啼く波止場

春日八郎

作詞
矢野亮
作曲
林伊佐緒

崩れた岸壁 洗う波

さびれた波止場にゃ 海猫ばかり

おまえを知った あの夜から

俺の恋人は 海じゃなくなった

それに気づいたは

出船の汽笛が

出船の汽笛が 鳴ったあと


夕陽にしょんぼり 浮ぶブイ

人待ち顔な 海猫ばかり

南で遭った ハリケーンも

俺の思いほど 荒れはしなかった

ひとり眠られず

甲板(デッキ)で呼んだよ

甲板で呼んだよ 恋しさに


せつない痛手に しみる風

いっしょに泣くのは 海猫ばかり

おまえはどこへ 行ったのか

俺のともしびは 消えてしまってた

胸に書きとめた

航海日記も

航海日記も 聞かないで

提供: うたまっぷ