歌詞

旅笠道中

三波春夫

作詞
藤田まさと
作曲
春川一夫

春は世に出る 草木もあるに

阿呆鴉の 泣き別れ

連れに逸(はぐ)れた 一本刀

旅はいつまで つづくやら


人のいのちと 空ゆく雲は

どこで散るやら 果てるやら

まして俺らは お天陽様(てんとさま)を

晴れて拝めぬ 罰(ばち)あたり


泣いて別れて 旅人さんの

足は重かろ さびしかろ

伊那の伊那ぶし 聞きたい時は

捨ててお出でよ 三度笠

提供: うたまっぷ