歌詞

かよい船

田端義夫

作詞
清水みのる
作曲
倉若晴生

銅鑼(かね)が鳴るさえ 切ないものを

雨の出船は なお哀し

泣くな小島の いとしい娘(ひと)よ

晴れて逢う日は あるものを


島に鴎の 群れ飛ぶ頃は

便り持てゆく かよい船

待つ身つらかろ 一二三月

君の心の いじらしさ


都通いも 潮路に馴れて

帰る小島の なつかしさ

君の愛情(なさけ)に 心の謎も

解けて嬉しい かよい船

提供: うたまっぷ