歌詞

一斉の声

喜多修平

作詞
椎名慶治
作曲
TAKUYA

またそんな顔して 唇噛み締めて 弱さを隠してるけど

その瞳の奥 うずくまる君が 本当の心なら


思って 泣いて 一人で 不安で なんで 痛いの 持ってんだ

僕に そっと 預けてよ


直ぐじゃ無理と思うのならば 少しずつでいい

翼の無い僕等はきっと 飛べないと決め付けてるだけ

声の限り君を呼ぶよ 迷わないように

フワリ心舞い上がれ あの風に乗せて いっせいのせ


届かないなんて 決め付ける事で 傷つく事から逃げても

その握り締めた 掌の中で 揺らぐ想い隠せない


嘆いて ないで 一人で いないで そんで 痛いの 飛んでいけ

今より ちょっと 明日へ行こうよ


一人じゃ無理な事も多分さ 変えられるかな

翼の無い代わりに僕等 何処までも想い飛ばせるよ

声の限り君に歌うよ 忘れないように

例え遠く離れても あの空に向けて いっせいのせ


迷って選んだ道の先で また迷うのなら

見上げれば眩しい空に 幾千の声が響いてるよ


直ぐじゃ無理と思うのならば 少しずつでいい

翼の無い僕等はきっと 飛べないと決め付けてるだけ

声の限り君を呼ぶよ 迷わないように

フワリ心舞い上がれ あの風に乗せて いっせいのせ

提供: うたまっぷ