歌詞

赤いランプの終列車

春日八郎

作詞
大倉芳郎
作曲
江口夜詩

白い夜霧の あかりに濡れて

別れせつない プラットホーム

ベルが鳴る ベルが鳴る

さらばと告げて 手を振る君は

赤いランプの 終列車


涙かくして ほほえみ合(お)うて

窓に残した 心の温(ぬく)み

あの人は あの人は

何日(いつ)また逢える 旅路の人か

赤いランプの 終列車


遠い汽笛に うすれる影に

一人佇(たたず)む プラットホーム

さようなら さようなら

瞼の奥に 哀しく消える

赤いランプの 終列車

提供: うたまっぷ