歌詞

お島千太郎

美空ひばり

作詞
石本美由起
作曲
古賀政男

花は咲いても 他国の春は

どこか淋しい 山や川

旅の役者と 流れる雲は

風の吹きよで 泣けもする


お島さん、もう若旦那若旦那と呼ぶのはよしてくんな。

今の俺らは檜屋の若旦那でも千太郎でもありゃしない。

追手の目をくらます十蔵一座の旅役者……。

見よう見真似の俄か役者が、化けの皮をはがされずに

ここまで逃げおうせたのは、お島さんみんなお前さんのおかげだよ。


渡り鳥さえ 一緒に飛べる

連れがなければ 辛かろに

口でけなして こころでほめて

お島千太郎 旅すがた


お島……お前の真心は誰よりも俺らが一番身にしみている。

口には出していわねえが、心の中じゃ何時だって手を合わせて

礼をいっているんだ。

こんなに苦しい思いをしながら、どうして俺らにつくしてくれるのかと、

不思議に思う時もある。

だが故郷へ帰って、檜屋の看板をあげたら、その時はお島、

旅芸人の足を洗って俺らの世話女房に……。


人の心と 草鞋(わらじ)の紐は

解くも結ぶも 胸次第

苦労分けあう 旅空夜空

月も見とれる 夫婦笠

提供: うたまっぷ