歌詞

乙女の祈り

真野恵里菜

作詞
三浦徳子
作曲
KAN

源氏物語に出てくるみたいです

はらはら 散り出した

桜の樹の下で

あなたは足を止め

肩たたいてくれた わからないことなら ボクに聞けばいいさ


Ah,,,ただ この胸に 何も言えず

嬉しさに ときめいて いただけ

Ah,,,今朝 めざめた時 泣いていたの

見た夢は 初恋の まぼろしよ


君との思い出は 大切にするよと

くせのある あなたの

澄み切った 声を聞いた、、、


あなたと同じ街 いつか住みたいけど

自分らしく生きる ためにここにいます

四月 この街を 旅立つ人

見るすべて 私にも 教えて、、

Ah,,,幼い頃から どんな時も

その腕を 探しては 歩いてた


十二単のように あでやかな春です

この春が一番 忘れられない春です


Ah,,, 明日 あなたに 良い兆しが

あの雲が たなびく その先に

Ah,,,乙女の祈りは強い力 遠くから 見守っているのです


君との思い出は 大切にするよと

くせのある あなたの

澄み切った 声を聞いた、、、

提供: うたまっぷ