歌詞

かえり船

田端義夫

作詞
清水みのる
作曲
倉若晴生

波の背の背に 揺られて揺れて

月の潮路の かえり船

霞む故国よ 小島の沖じゃ

夢もわびしく よみがえる


捨てた未練が 未練となって

今も昔の せつなさよ

瞼あわせりゃ 瞼ににじむ

霧の波止場の 銅鑼の音


熱いなみだも 故国に着けば

うれし涙と 変るだろう

鴎ゆくなら 男のこころ

せめてあの娘に つたえてよ

提供: うたまっぷ