歌詞

ふたりは

中島みゆき Duet with 世良公則

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき

街を歩けば人がみんな振り返る

そんな望みを夢みたこと なかったかしら子供の頃

街じゅうにある街灯に私のポスター

小さな子でさえ私のこと知っていて呼びかけるの


遠いはるかな無邪気な頃の夢

誰でもなりたいものになれるなんて

思いこんでた おとぎばなし

夢は叶って街じゅうが私を語る

小さな子でさえ私のこと意味も知らずに呼びかけるの

「バ.イ.タ」


「ごらんよ あれがつまり遊び女って奴さ

声をかけてみなよ すぐについて来るぜ

掃除が必要なのさ この街はいつでも

人並みに生きてゆく働き者たちのために

あるのだから」


「ごらんよ子供たち ああなっちゃ終わりさ

奔放な暮らしの末路を見るがいい

近づくんじゃないよ病気かもしれない

耳を貸すんじゃない呪いをかけられるよ」


緑為す春の夜に

私はひとりぼっちさまよってた

愛だけを望む度

愛を持たない人だけが何故よびとめるの


街じゅうにあるどんな店に入っても

誰かがきっと席をあけて招いてくれる

おとぎばなし

夢は叶って誰もが席をたつ

まるで汚れた風を吸わぬために

逃げだすかのように急いで


遠いはるかな無邪気な頃の夢

誰でもなりたいものになれるなんて

思いこんでた おとぎばなし

夢は叶って街じゅうがゆくてをあける

怯えた顔が小さな子を抱き寄せながら

言い聞かせる


「ごらんよ あれがつまりごろつきって奴さ

話はホラばかり血筋はノラ犬並み

掃除が必要なのさ この街はいつでも

人並みに生きてゆく働き者たちのために

あるのだから」


緑為す春の夜に

あなたは傷ついてさまよってた

誰からも聞こえない胸の奥のため息が

私には聞えた


緑為す春の夜に

ふたりは凍えきってめぐり会った

誰からも聞こえない胸の奥のため息が

互いには聞こえた


緑為す春の夜に

ふたりは凍えきってめぐり会った

与えあう何ものも残ってはいないけど

もう二度と傷つかないで


耳を疑うほどに他人(ひと)は喜んでいた

ふたりが出会ったこと他人は喜んでいた

「まとめて片付く 早く旅立つがいい」


緑為す春の夜に

ふたりは凍えきってめぐり会った

与えあう何ものも残ってはいないけど

もう二度と傷つかないで


(緑為す春の夜に)

ふたりは凍えきってめぐり会った

与えあう何ものも残ってはいないけど

もう二度と傷つかないで

提供: うたまっぷ