歌詞

桜道(Al. ver)

えちうら

作詞
長柄琢磨
作曲
長柄琢磨

君と見上げた空は 今日も高く青く

澄んでいたそれはまるで君の心と同じ

いつも僕達を優しく包むように

照らしてくれた 太陽が笑ってる


別れのない 出会いに出会いたい

サヨナラなんて悲しくてさみしくて言いたくないよ


桜咲く 坂道に春風吹いて

泣き顔も笑い声も 夕日に染まれ

桜舞う 風つかんで 胸にしまって

まっすぐにまっすぐに 心のまま


きみと歩いて来た この道は いつまでもかけがえのない

『宝物』絶えず 胸の中で 生き続けてゆく

いつかまたどこかでもし僕と会える日が来たら

その時はまた笑顔で会いましょう


戻れそうで もう戻れない日々

傷つき傷つけた 泣き笑い 痛いだけの恋も知った


桜咲く 桜道に涙をふいて

サヨナラかありがとうか わからないまま

桜舞う 風つかんで 胸にしまって

ひたすらにひたすらに 心のままに


明日もまたいつも通り 会える気がする

いつもの声いつもの顔いつもの場所で

うるわしき思い出に 永久に光あれ

どんな時も忘れない 愛すべき人よ


桜咲く 桜道に涙をふいて

サヨナラかありがとうか わからないまま

桜舞う 風つかんで 胸にしまって

ひたすらにひたすらに 心のままに

提供: うたまっぷ